FC2ブログ
COUNT THIS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H体験告白。。部活の後輩を筆おろし その②

いざ、ベッドに入ったらまた緊張してお互い背中合わせで。。
彼の背中からむちゃくちゃ緊張感が伝わってきて寝るに寝れない・・・・。

それに、かわいい顔(妻夫木聡似かな~)とは逆に高い背ごつい体も気になる。。

しびれをきらしたというか、身動きをとりたくなって彼の方に向いたら、しばらくしてわざとらしい寝返りみたいな感じで彼もこっちにゴロン。。。

それに、寝相悪いフリなのかバレバレなのにこっちにジワジワ。

だんだん鼻息もかかるくらいの近さになってきて、微妙に口が顔にくっついてきた、、、

なんで私がこんなに緊張してるの???!!!てっくらい心臓バクバク!!

彼も緊張してるのか顔に唇が少し触れる位で、動かない。。
と思ったらまたジワジワと唇が私の唇の方に。。。

ついに私の唇とO君の唇が。。。。初めてのキス。

っていってもほんと少し触れてるようなだけ、そのままだいぶ時間が経ち(10分くらい?)

寝てるのかな~?と思って軽く、そーっと舌でO君の唇をなぞってみたら彼もそーっと舐めてきた。

ほんとお互いがはじめてのようなこわごわとしたキス。(向こうははじめてだったかも)

その心地良さにひたっていたら、我慢できなくなったのか、あの恥ずかしがり屋のO君から口の中に舌を入れてきた。

けど、必至というかがむしゃら?で息苦しくなって、私が笑いながら「殺す気か!笑」。の一言でお互い、見つめあって吹き出し、いい感じに。。

あんなに長くキスしたのは初めてっていうくらいキスをした、だんだんと抱きしめてきて、胸のあたりを触ってきたんだけど、やっぱりこわごわ。

そのこわごわとした緊張した触り方がすごく愛しく思えた、「頭で感じるってこんな感じかな~」 って。

私がギュって抱きしめたら服の中に手を入れてきて直接、触ってきたんだけど、その触り方が大きい手で慣れてなくて、逆に新鮮感があってすごく気持ちよく、本当に自然に声が出てしまった。

声にO君も興奮したのかブラジャーを外そうとするけど、やっぱりうまくいかない。。

けど、もうお互い緊張感もなく私は自分で外した。

O君も大胆になってきたのか「Nさんの裸みたい・・・」って、けどすごく照れくさくいうのがたまらなかった。

私は自分で服を脱いでから、(下着も)O君の服を脱がした。

ボクサーパンツ越しに起ってるのがなんか妙にHだったし、すでに小さいシミができていて、恥ずかしがってパンツだけは脱いでくれなかった。

O君はギュッと強く抱きしめてきて、いっぱいキスをしてきた、唇、首、鎖骨・・

おそるおそるするキスはやさしくて、心地よくすでに私もかなり濡れていた。

乳首を舐めるのもあのがむしゃらなキスからは想像できない優しい舌使いで、童貞の彼に声が止まらなかった。

もう、私が我慢できなくなって、財布からゴムを取り出して彼に渡した。
O君が後ろを向いてゴソゴソ・・・

一向にこっちを振り向かない。気になってそーっとのぞくと、つけ方がわからなかったのか全部伸ばしてしまってる・・・・・。

その伸ばしたゴムを付けようとがんばってるけど先しかはいってない。。。

のぞいていた私に気づくと顔を真っ赤にして
「。。。。わからない。」って小さい声で。

どうしよう。。。もう伸ばしてるし。。。。財布をみてももうゴムない。。
チラッとO君見たら先にゴム付けて泣きそうな顔してる。。

普通だったら笑えるけど、あまりにも今時の子とは思えないO君にびっくりしたけど、かわいくてたまらなかった。

先に付いたゴムを引っ張ってとり、そのままO君を上に倒れるように
「入れて。。。」 自然に言ってしまった。

ギュッと抱きしめて入れようとするけど、なかなか入らないみたいだったから、私がO君のを生で入口に持っていった。

もうすでにすごい濡れていたからすんなりとはいった。
O君は苦しいような切ないような顔で、ぎこちなく動かし始めた。

けっして、うまいわけじゃないのに、気持ちよくしてあげたいというO君の気持ちがなぜかすごい伝わってきて、自分からも腰を振って

「気持ちイイ・・・」 と本気で感じて私はすぐイってしまった・・・・。
O君も「イキそう・・・」って限界になったみたい。

私「いいよ、イって・・・」
何回か腰を振ってO君も・・・・。

O君勘違いしたのか、知らなかったのか、出来なっかたのかそのまま中で出してしまいました。。。。

その後とかいろいろあったんだけど、ながくなりそうなので、、、、。

テーマ : エロス
ジャンル : アダルト

tag : 下着

H体験告白。。部活の後輩を筆おろし その①

私が23歳の時、働いていた雑貨屋がつぶれて、

することもなく、やりたいこともなく、つぶれたショックで働く気もない毎日が続いてました。

そんな、日々が嫌でいろんな友達に電話して気晴らしになる事を探していた。

高校の時のバレー部キャプテンと連絡をとったら、最近後輩の部活に顔出しているらしく、マネージャーだった私に

「暇やったら、今のマネージャ先輩もいなくて、何したらいいかわからないみたいやから教えに来たら???」 と。。。

もしかしたら、がんばって部活に励む後輩とかを見てたら何かやる気がでるかもと思って、元キャプテンと母校に行くことにしました。

行くまではこんな年の離れたOGが来たら、気をつかうだろうな~とか思いながら、若干、行くのも面倒くさいような気持ちで向かってました。

ところが、田舎の高校生からしたら、大阪の市内の雑貨屋で働いていた私は少しあこがれ? 意外?な存在だったみたいで、

元キャプテンが、みんなを集めて「え~、元マネージャーだったNさんです。今日はいろいろ教えてもらってください」と紹介すると。。。

現マネージャ2人が「え~~~!!!こんなきれいな人がマネージャーだったんですか!!! 」とちょっとちやほや・・・

マネージャーの仕事を一通り教えたり充実した時間をすごし、帰ろうとしてた時に現キャプテンO君が

「今日はありがとうございました、みんなやる気がでるのでまたきてください」 と。。。

礼儀の正しいいい子だな~と思い、その日は帰りました。

また、何日か空けて行くと、2回目だったからか、親しげに話にきてくれて、

いろいろ聞くと0君は他の学校にファンクラブもあるとか、もてるのに恥ずかしがり屋だとか・・・・

そんな話を聞いてたら少しちょっかいだしてみたくなって、部活が終わってから話かけにいきました。

話かけに行くと、噂に聞いたとおり本当にウブで目を合わしてもくれない。私が想像していた高校生とは全くちがって、かわいくてたまらなかった。

部活見学を理由に携帯アドレス&メアドを聞き出し、ちょこちょこメールをする仲に。。。

いつもどおりメールしてたけど面倒くさいなって、メールのやりとり最中に電話したら。。。。

。。。。。。。出ない。
するとすぐに「電話ははすかしいからごめん。。。;;」

どうしたら、もっと彼に近づけるんだろう???と思いゲームの話をしたら喰いついてきて、

ちょっとびっくりしながらも、「今度、ゲームしに家遊びにくる???」 とメール送信!!!

。。。。。。。。全然返事が来ない・・・・。
30分後くらいに「いいんですか??」と返信がきて、
すぐに「いいよ^^」 と。。。

で、遊びに来ることに。。。。 ちなみに、このやり取りは夏休みで私の家はみんな旅行で誰も家にいない状態。。

で、夕方くらいに高校生らしく原付で家まで来たんだけど、誰もいない状態でかなり動揺したのか話しかけてもソワソワ、ソワソワ。

それがゲームをやりだしたら子供のように楽しそうになって、格闘系とかで負けたら怒って腕をつねってきたりとかで、緊張感もなくなりなんか仲良しでいい感じ。

なんだかんだではしゃいでたら、気が付くともう外は真っ暗で時計をみると夜10時!!!

二人して時間にびっくりしながら「そういえばお腹すいた~」とか会話しながら

O君が「ずっと思ってたんですけど、他の人は??」と。。。

私「みんな旅行とかでいないし、帰ってこないよ。 もう、遅いし泊って行く?? 」

軽い感じで聞いたけど、内心ちょっと緊張。。。普段はめったに緊張しないのに相手が緊張してるからかこの時は、ドキドキした。

O君だいぶ悩んでたけど
「Nさんがいいんだったら・・・」と恥ずかしそうにしながらも泊まることに。。。

私はこの久しぶりのような緊張感が嫌なような、初恋のような緊張感?気持ちがたまらくなりごはんを買いにコンビニに。。。

せっかく打ち解けたのにまた、ぎこちなくなてしまって楽しい会話もないまま時間は過ぎていき、

私から「もうねよっか?」
O君「うん。。。」と言いながらベッドの下というか横らへんに座布団を並べて寝る準備。。。

それを見て私が

「お客さんなんだから、私が下で寝る!!!」
O君「僕がここで寝ます!!!」

の言い合いで(何回も言い合った)、また緊張感がほぐれて
「じゃあ、狭いけど一緒に寝よ!!!けど私、寝相悪いよ~??」

とおちゃらけて、狭いベッドに二人で寝ることに。。。(次回へ続く)

テーマ : エロス
ジャンル : アダルト

tag : マネージャー

H体験告白。。童貞くんにリクエスト

初めてひとまわり以上年下の童貞くんとした。

一応AVとかで流れ的なことはわかってたみたいだけど、緊張してまともに息できいないカンジだったw

おっぱい揉みながら「やわらかい、やわらかい」
「女の人の肌ってやわらかい」

いろんなとこ触って「やわらかい」を連発してた。
○○コもジーッと観察して、クリもそーっと触ったり。

指入れたいと言うのでOKしたら、もうそれはそーっとそーっと入れて動かしてた。

そういう「お初なんで超ドキドキ&オドオドしてる」姿って初めてだったから、ちょっと興奮していつもより濡れた。

愛液が垂れてきたのを見て興奮したらしく、ちょっと激しく指出し入れされてヤバかった。

フェラしてあげたら顔をしかめてすごく我慢してたから、

「声出そうなら我慢しなくていいよ」って言ったら
小さい声で「ぁ・・・ぁ・・・」

吸い付くようにして速度上げたら、ビクビクして頭押さえてフェラ強制終了。イキそうだったらしい。

結構大きかったから「太くて長いね」と言ったら、今まで小さいと思ってコンプレックスに思ってたらしく、顔を赤くして嬉しそうにしてた。

その後正常位で初挿入。

「やわらかくて熱い・・」って言いながら目が飛んでたwww

腰を振りたいけどイマイチうまくいかなくて、とにかくゆっくり動かすようにしてもらう。

2,3回イキそうになって抜いて休憩。
ハァハァ、もう興奮し過ぎて呼吸困難w

欲張ってバックと騎乗位をしてみたいと言うので次に騎乗位でゆっくり上下に動かしてみる。

下から自分でも突き上げてみて、と言うと気持ちよさそうに眉間にシワを寄せながら思い切りつき上げてきてちょっと大きな声が出ちゃった。

またちょっと休憩してバック。

征服感があるから興奮すると言いながら腰を激しく振るけどうまくいかない。

「最初はゆっくりね、いち、に・・早くしてみて」
って言いながらそういうシチュエーションに興奮倍増。

パンパン上手に動いて音がしだす。奥までしっかり突かれてあまりに気持ちよくて声も大きくなってしまう。

最後は正常位で。ずいぶん腰の動かし方はうまくなって余裕も出てきたみたいなので、

「ゆっくり入り口だけ出し入れしてみて」
「奥まで押し付けない程度に入れてゆっくりして」

「そのまま早く動かして」
「止めてゆっくり奥まで入れてぐいっと押し付けて」

「奥に当たったカンジはわかった?」
「そこを激しく突いて」

っていちいちリクエスト。
その度に「上手、いいよ」って頭を撫でてあげる。

激しく突きながら声が大きくなってきたので「イキそう?」って聞く。

いきなり引き抜いて「ヤバい、ヤバい」って言うので
「いいよ、好きなようにイッて」と言うと、そのまま正常位で挿入。

むちゃくちゃに腰を動かしてイッちゃった。

ビクビクしながら小さい声で「ぅ、ぅ・・・」って言いながら。

教えてあげる的なシチュエーションがちょっとクセになりそ。

テーマ : エロス
ジャンル : アダルト

tag : 童貞 初体験 フェラ

H体験告白。。童貞とやることになった

21歳童貞とやることになった

駅前で待ち合わせ。メールが来たから、すぐ見つかった。お互い「どーもどーも」みたいな感じで歩き出す。

事前にメールでホテルどうするかとか、打ち合わせてたから、場所も把握してるんだろうとついて行ったら、ノープランだったらしく

私「あれ?どっかいくの?・・・もう(ホテル)行く?」  相手「あ・・・うん・・・行こうか」  とぐだぐだな感じでホテル街へ

10分くらい歩いてコスプレができるホテルへ。(事前にコスプレがしたいと言われてたので)

フリータイムで3600円くらいだったかな?払ってもらったからわからない

部屋に入って、熱かったから、とりあえずエアコンの温度下げて、コスプレを選んでもらったり、水飲んだり、その間は、今日は暑いねとか、緊張するねとか話してた

相手はOLのコスプレを選んだから、私が注文したら「ありません」て言われたw

最終的にミニとブラ?じゃないなー、襟とチャックがついてるゴールドの・・・黄金咲さんが着てるようなやつを注文した。

しばらくして、おばちゃんが持ってきてくれて、私が「先にシャワーあびちゃえば?」と。相手がシャワー浴びてる間は普通にテレビを見てた(AVは見なかった)

私もシャワー浴びて、コスチュームを装着。サイズが心配だったが、伸びたからなんとか入った。マンガみたいな感じで乳首が浮き出ててウケたww

「あんまり見せられない感じだー」って嘆きながら出てきた私を見て、ちょっと感動した様子で、「え、すごく似合ってるよ」ってなんか、台詞っぽいというか童貞ぽくて恥ずかしかった。

相手はタオル一枚でベッドの上で固まっていた。私は沈黙がダメなタイプなので、しきりに「あー、緊張するー」とか「緊張するよね?」とかテンパっていた

何かきっかけが欲しかったから、私「これ終わったらご褒美に交通費くれる?」  相手「あ、交通費くらいなら」

私「じゃー交通費のためにがんばろうっとww」 という小さな売春wwをきっかけに

私「じゃぁ、キスするねw」 と寝ている相手に上からキス。相手の唇は少し震えてて、でも、がんばって舌を動かしていた。

だから私はあまり動かさず、包むような感じ?で受け止めた。相手は服の上から触ってきた。

相手「おっきいよね」  私「そりゃよかった」
相手「何カップ?」  私「DとEの間(ホントに)」

相手「それくらいでこんなに大きいんだ」  私「多分、サイズだけでいったら、ほしの○きよりあるからねぇ、言ってることわかるかなぁ?」

相手「わかるわかる」  私「脱いじゃうね(脱ぐ)

鳩胸だから、全然谷間できないんだけど」 相手「え、キレイなんだけど」 と言って舐めてきた。そろそろ・・・と思い、下半身の様子を見てみることに。

緊張のせいで萎えてたらどうしようという一抹の不安もあったが、タオルをめくって驚いた。

元気なのはもちろん、サイズが私の中の最高記録だった。と言っても私の経験人数なんて片手もあれば充分なんだが

一応フェラ。半分くらいしか口に収まらなかったが、相手は「うわっ、気持ちいい」と言っていた。

もう元気なので、早く終わらせようという気持ちが出てきて、 私「もういれちゃう?」 と聞いたが、相手は「・・・まだ」 と言っておっぱいを触ってくる。

乳首を高速で舐めたり、指でちろちろしたりして、 相手「おっぱいって感じるの?」  私「まぁ、感じるけど、今、緊張してるし、空気もあるからねぇ」

多分、恋人同士で慣れてれば、結構声が出ただろうし、快感もあったんだろうけど、恥ずかしさと、いろいろ考えてやってたこともありさほど気持ちよくもなかった

そうそう、話しが前後するが、シャワーを浴びる前にゴムを用意しておかなきゃと思って、

私「今日、ゴムもってくるの忘れちゃった」  相手「俺も」

私「部屋にもないねぇ」  いたずら防止のためか、自販機に売っていた。普通(300円)のとサ○ミオリジナル(500円)が売っていた

私「サガ○オリジナルって有名だよー。まぁどっちでもいいけど」  相手は値段を気にしたのか、普通のゴムを買った

私「ゴムつけたことあるー?」  相手「ないよ」

私「つける練習したほうがいいんだよー。弟に練習しろって言おうと思ったくらいw」  相手「そうなんだーw」

ゴムをつける練習なんて思春期の男子はみんな通ってきた道だと思っていたので意外だった。

散々おっぱいと戯れ、私がゴムつけなきゃなー 自分の身は自分で守らなきゃだなーと思いながら慎重にゴムをつける。

空気を抜いて、下におろして、皮を戻して、完全に下までおろす。ゴムが全然余らない!やっぱでかいんだなー

私「上がいい?下がいい?」  相手「じゃぁ・・・(寝る)下になる」
私「私が乗るね」 私がち○こをつかみ穴へ入れる

うわ!!!  そんなに気分が高まるような前戯をしてないし、まして、クリトリスも愛撫してもらってないのに、普通に気持ちいい! 恐るべしビッグサイズ

騎乗位のとき、上下に動くか前後で動くか、人によって好みが違うと聞いたことがあったので、「こっち・・・とこっち、どっちがいい?」と実際動いて比べてもらった。

幸い得意な前後を選んでくれたのでやりやすかった。どれくらいでイったかなー? 時間はさだかでないけど、結構早かったと思う。騎乗位でもやっぱりおっぱいを触ってたw

でも、あまり声も出さないし、イったのがわからなくて、少しして「イったの?」と聞くと、相手が「イった」と答えた。心配性だからイったらすぐに抜きたいのに・・・

私「もっとわかりやすくイってよ~」
一回戦終了

疲れてたこともあり、少し寝た。寝てるだけじゃあまりにも申し訳ないと思い、私「腕枕して」 と、5分くらい寝た。相手は一瞬も寝てなかったと思う。

やっぱり、申し訳ないと思っていきなりフェラ開始。そしてち○こはすぐに回復。でも、長めにフェラしてみた。相手は手を伸ばしおっぱいを触ってくるw

私「もう一回やる?」  相手「うん」
そしてまた私がゴムを丁寧につける

今度は相手が上。やはり腰の動かしかたがぎこちない。でもモノがおおきいからそれなりに気持ちいい。さすがに声出ちゃうわww

私のひざをどの位置にするか相手も試行錯誤している様子。でも、ちょっとながいなーと思ってきたので、「イける?」 と聞くと、「後ろから入れたい」そうだ。

私「ちょっと覆いかぶさるような感じで」 といって私が入れるw  バックの方が私も腰が振れるから、そういう意味では楽だ。すぐにイってしまった。

でも、やっぱりイったのかどうかわかりにくい。ゴムをはずしてあげてティッシュにくるんでポイ。こういう始末までしてあげてると、自分はお姉さんなんじゃないかと思ってくる

ちょっと寝たり、テレビ見たり、そういえば、メールで一緒にお風呂に入りたいと言ってたことを思い出し、浴槽にお湯を張る。

その間、テレビ見ながら寝てたが、相手から手を出すことも話しかけてくることもなかった

一つ「私、あたりだった?」 と聞いた。相手「あたりっていうか最高っていうか・・・」

お世辞なのか本心なのかよくわからない。お湯が溜まって、私「どーぞー」  

相手が湯船につかったら乱入しようと思ってたのだが、めっちゃ体洗ってる・・・

お風呂場を開け 「・・・一緒に入ろうと思ったんだけど・・・洗っちゃってるからいいね」 と退散。

相手が上がったあと私も入った。私がお風呂からあがると、相手は普通に着替えてテレビを見ていた。私も普通に着替え相手の隣でねっころがりながらテレビを見た。

相手に彼女ができない原因とかアドバイスとか(大きなお世話だが・・・) 、世間話とかいろいろ話して私はやっぱり寝た。

普通に疲れてたというのも大いにあるのだが、もし、何かしてきたかったらしてきてもいいよ、と無防備感を演出してるとこもあった。

相手はそれをしってかしらずか何もしてこなかった。無意味www

約束していた時間になったので、私「思い残すことはない?」  ここで、最後にキスしようとか言われるかと思いきや、相手「うん」

相手「電車賃は?」  私「あえて秘密」←ズルい
相手「往復500円で足りるよね」  えwwwマジ?ww

私「全然たりないよぉ」 ホントに往復の電車賃にすら達してない。相手がそれ以上だす様子もないので、年下にこんなこと求めてる私がバカなんだと諦めた

もうこんなことはしないと思うw  相手も愛のないセックスがどんなだかわかっただろうしw

私のわけのわからない一時のボランティア精神が微妙な経験をさせてくれた

後悔しようと思えばいくらでもできるけど、こういう、ち○こもあるってことがわかったってことでプラスにとらえて、こんな過ちは二度と繰り返さなきゃいいんだと思う


童貞

tag : 童貞 初体験 筆おろし フェラ 年下

H体験談。。彼女は処女だった

バイト先の送別会帰り、同じ歳の仲間のA子を持ち帰った。

歳は19。背のすらっとしたクォーターの子だった・・・

会場までは車数台で分乗。その子と他2人は俺の車に乗り会場へ・・・

送別会が終わり、再び車数台に別れ帰路につくはずだった・・・

しかし俺の車に乗ってきたのは 千鳥足の彼女だけだった・・・

駐車場に空きが無かったため、仕方なくみんなとは別の駐車場に停めてあった俺の車。

今思えば幸いだったのか、まったく人目につかない場所だった。

暖気運転中 しばし会話を交わしていた。

うつろな彼女の瞳。俺は冗談まじりに 「キスしていい?」と問いかけてみた・・・

すると彼女は顔を小さく縦に・・・

うっすら頬を赤らめた彼女はゆっくり瞳を閉じ・・

軽く唇が触れあうと、「あぁ・・・」彼女は吐息混じりの声を漏らした。気がつくと無意識に俺の右手は小振りな彼女の胸の中に・・・

彼女は段々息づかいが乱れる中こう呟いた・・・

「経験した事ないの・・・」
そう 彼女は処女だったのである・・・

彼女の告白には少し驚いたが、彼女の顔には 決心したかのような眼差しがうかがえた。

俺は彼女を乗せたままホテルへ向かうことにした。

たどり着いたホテルはN。俺がよく使っていたホテルだ。

隣で恥ずかしそうにしている彼女をエスコートしながら部屋へ入った・・・

互いにシャワーを浴びた後、バスローブを羽織ったまま二人しばし会話を交わした。

話が途切れ、沈黙が訪れた時、俺は彼女のバスローブのひもに 手を延ばした・・・

少しうつむいたままの彼女はすでになすがままだった・・・

そっと彼女を横にし、高ぶる気持ちを噛みしめながら俺は愛撫を始めた。

小振りな彼女の胸・・・そっと乳首に触れた時、彼女の体が微かに震え 押さえきれなくなったのか、彼女は息づかいが次第に荒くなり、声を漏らすようになった。

「あんっ・・・・」「あぁっ・・・」

その姿は 初めての快楽に溺れ、自ら欲しがっているかの様だった。

俺はそっと 彼女のアソコに指を延ばし、軽く筋道を撫でた・・・

溢れる程に染み出てきた愛液を俺はわざと音を立て、恥じらいを味あわせ彼女の反応を楽しんだ。

彼女は 初めての恥じらいと快楽の狭間で我を忘れ、惜しげもなく足を開き、無言の要求をしているようだった。

堅くなった俺の肉棒挿入されるのはもはや時間の問題だったのは言うまでもない・・・

俺は彼女の足を広げ ゆっくりと挿入した・・・

彼女は「んっ!」と声を出し 眉間に眉を寄せ 深く息を吐いた。

以外と締まりの良いアソコは互いに快楽を味わうには十分過ぎるものだった・・・

俺は夢中になり過ぎて 彼女の中で終えてしまった・・・


エロ写メ

tag : 処女 肉棒 挿入

メニュー
童貞卒業の月別アーカイブ
童貞卒業体験談情報
  • seo
童貞卒業のRSS
童貞卒業した逆アクセス
童貞卒業のQRコード
QRコード
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。