FC2ブログ
COUNT THIS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はセブ〇イレブンでバイトしている〇6歳です。県立の高校にかよっています。
土曜日の事です。僕はいつも通り学校が終わり、バイトに向かいました。バイト先には2つ上の先輩A、先輩Bと一緒で、2人とも女子大生です。いつも通り9時にバイトが終わり、帰ろうとすると外はあいにくの大雨。仕方がないから止むまで事務所で待つことに。すると2人の先輩が僕が暇そうにしていたので交互にぼくのあいてをしてくれました。お互い色々な話をして時間をつぶしていました。店長も帰り、話ているうちに少しエッチな話になってきて、先輩Aは今までに童貞を20人くったという話を聞いてびっくりしているといきなり先輩が僕に足払いをかけてきて僕はこけてしまいました。すると先輩Aが「拓海君童貞でしょ」っといってきておもいっきり制服のスラックスを脱がされてしまいました。そして次の瞬間、先輩Aにフェラされました。必死にに逃げようとしましたが、先輩は僕の上にのっていたので逃げることができませんでした。そのうちAにフェラで逝かされてしまいました。そして僕がボッとしているとAは僕の上にゆっくりと乗ってきました。今まで感じたことのない感覚とかなりのしまり具合いに、童貞であった僕は15分程で絶調に達し、僕は必死に中出しだけは避けようとしましたが逃げられなく先輩の中に出してしまいました。1度フェラで抜かれているにも関わらず、今まで見たことのないくらい出してしまいました。先輩がゆっくり腰を上げると先輩の中から白濁液が流れてきました。すると先輩は「もしできたら結婚しようね。」といい先輩Bと交代しにいきました。そのあと、交代できた先輩先輩Bにも犯されました。そのうちに雨も止み、僕が帰ろうとすると、先輩達が「2人とも出来てたらどうする??"笑"」みたいなことをいってきました。昨日は夜先輩Bの家で3Pしました。この関係はいったいいつまでつづくのか。。。。

tag : 童貞

H体験談。。人妻と・・・

自分は、大学1年の時に33歳の人妻に筆下ろししてもらった。
ちなみに、俺は容姿は普通ぐらいで服とかオシャレにはすごいこだわっていた。
当時4人ぐらいと交際経験はあったものの
肝心な所が小心者で勇気がなくSEXどころかキスもする事ができず童貞でした。
大学が突然の休講で暇だった自分は、
服でも見に原宿に行こうと家を出た。
時間は午前10時半ぐらい。
自転車で駅までの道を走っているとある女性が目に入った。
俺がずっと憧れていたTさんだった。
Tさんは、
俺の弟の友人の母親で
うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていた。
俺と弟は7つ年が離れてるし
20歳ちょいで結婚・出産だったのでとても若々しく
ほんのすこしだけギャルが入っているかわいらしい人。
夫が理不尽な奴で可哀想な話も親から聞いていた。
初めて会ったのは自分が小学校の時で
それから中学、高校とずっとオナニーのオカズにしていた。
Tさんは買い物帰りでペットボトルのジュースや
食材などをを持ちながら歩いていた。
Tさんの家までは200メートルぐらいの所。
話せるチャンスはめったにないので話し掛けた
ソファーに座って待っていると
Tさんがコーラを持ってきてくれた。
それを飲みながらソファーで1時間ぐらいお話してたかな。
話が恋愛の事になってきた。

T「お兄ちゃんは今彼女いるの?」

俺「いや、いないっすよ。」

T「え~、なんで?モテるでしょ?オシャレだし。」

俺「全然ですよ。俺、変にカッコつけちゃうから。」

と、ここからあまりにもベタだけど微妙な雰囲気が流れてきた。

T「ふ~ん、そうなんだ…じゃ、今まで何人ぐらい彼女いたの?」

俺「4人ですね。」

T「じゃ、経験人数も4人なの?」


この質問が出たときはすごくビックリした。
と、同時にものすごくドキドキした。
なんて答えようかと一瞬で頭つかいまくったし。
とりあえず、正直に答える事にした。

Tさんは俺の首に腕を絡ませて
舌をからませる激しいキスを…。
俺は、初めての快感と、憧れのTさんとの行為に夢心地だった。
そして、Tさんはソファーに座っている俺の上に座ってきた。
…何て言ったらいいのかな?
だっこっていうか座位のような体勢になった。
Tさんの腕は相変わらず俺の首に巻きついていて
ずっとディープキスをしていた。
クチュクチュと舌のからむ音がとてもいやらしく
Tさんの吐息があたるのがとても興奮した。
20分ぐらいディープキスをしていると
Tさんは耳を攻めてきた…腕を首にからませたまま。
ハァハァという吐息がマジで心地良い。
そして、攻めの場所は首に…。
Tさんはニコッと笑って俺の首に腕をからませると
そのまま、俺が上になる様に倒れた。
倒れた後、あらためてポジションチェンジしてTさんの上に乗った。
そして、激しいキスをして今度は俺がTさんの耳と首筋を攻めた。
首筋にチュッ、チュッっとキスをするたびに
Tさんの口から軽くンッ、ンッっと吐息が漏れてきた。
耳にキスをしている時にTさんが俺をぎゅっと抱きしめ
耳元に口を持っていき囁いた。
メニュー
童貞卒業の月別アーカイブ
童貞卒業体験談情報
  • seo
童貞卒業のRSS
童貞卒業した逆アクセス
童貞卒業のQRコード
QRコード
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。