FC2ブログ
COUNT THIS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童貞とエロ妹 後半

妹「ワーイ!アリガトー!お兄ちゃんヤーサーシーイー♪んじゃあ頼むわねよっと」
ムギュ
童貞「わ…!」
妹「えーやだー!wwwちょっともしかしてやらしいこと考えちゃったの~?」
童貞「いや、重いって思っただけだよ」
妹「はいはい照れ隠ししちゃって~w童貞のピュアボーイだもんねー。しょうがないよねー」
童貞「うっせえな」
ガラ
童貞「ほら風呂場までついたぞ、じゃな」
グイ
妹「あれ?いっしょに入ってくんじゃないの?」
童貞「な、なんでだよ」
妹「あっれー?だって足についたのティッシュで拭けとかじゃなくて
わざわざ風呂なんていうからいっしょに入りたいのかなーて思って~」
童貞「そ、そんなことまで考えてないよ」
妹「キャー!何赤くなっちゃってんの!その顔でwwキモッ!どうせ期待してんでしょ?ん?」

童貞「いや、その…じゃあお前がそこまで言うなら…(ゴクリ)」
妹「ええー?別にそこまでも言ってないし!お兄ちゃんって気持ち悪いけど素直だよねww」
童貞「…」
妹「いっしょにお風呂入るのって何年ぶりだっけ~?ま、いっかそんなのどうでも」
ガバ
童貞「おま!」
妹「ん?どうしたのかな童貞君?お風呂はいるのに裸になるのは別に普通だよね」
童貞「そ、それはそうだけど…」
妹「えぇ~さっきもっとすごいとこみたり触ったりしといて照れてんの~?カーワーイーイーキャハハハwww」
童貞「…」

童貞(うわあこいつこんないやらしい身体つきになってたんだ…)
妹「…ちょっと…何ジロジロみてるのよ変態…」
童貞「見てねえよ」
妹「あたしだって、恥ずかしいから…早くお兄ちゃんも脱いでよ…」
童貞「…わ、わかった」
妹「じゃあまずどっちから洗おうか。
うちのお風呂そんな広くないし、昔と違うから…一人づつ洗わないとね」
童貞「んじゃお、お前先いいよ」
妹「何紳士ぶってんのキモッ!まあありがとねお兄ちゃん」

妹「そこのボディソープとって~」
童貞「ほれ」ピト
妹「キャ…」
童貞(やわらか戦車!!)
妹「エッチ!」
童貞「いや肩にちょっと触れただけじゃん!」
妹「あははまあそうだよね!さっきなんかもっとすごいとこ触らせてたしねwww
それにお兄ちゃん童貞だもんね。あ、ということはもしかして女の子の身体自体まともに触ったことないんじゃない~?」
童貞「そ、そんなこと…」
妹「図星かよwwwwモテなすぎ!!キャワイソー!!」
童貞「…」
妹「あ、あたしいいこと考えた!お兄ちゃんがあたしの身体洗ってよ。
そしたらお兄ちゃんのためにもなるし一石ニ鳥じゃない?あたし天才!テーンーサーイーwww」
童貞「…え?」
妹「何すっとんきょうな顔してんのよ童貞!ほら言ったとおり頼むわよ」
童貞「わ、わかった」

妹「それじゃ後ろむくね」
童貞「えっとじゃあ肩からいくよ」ピト
妹「キャ」
童貞「ご、ごめん」
妹「ただ冷たくてビックリしただけよ!ほらどんどん頼むわよ」
童貞(小さい背中だな~)「こうかな?」ヌリヌリ
妹「…あ」
童貞「ハァハァ、お前腕ほっそいな~…ちゃんと飯食ってるのか~」
妹「いいの…。ほら休まない」
童貞「脇忘れてた!そりゃ!」後ろから両脇コチョコチョ
妹「あはははは馬鹿!キモイよ!!くすぐったい!あははやめてwww」
童貞「ハァハァ…ここ忘れえてたよ…ここ!」モミモミ
妹「ん…!」
そのまま後ろから胸を鷲掴み
童貞「こぶりだけど形いいおっぱい」
妹「あ…童貞のくせに調子乗んないでよ…」
童貞首にキス。モミモミ
妹「やん…!ちょっとあんたAVの観すぎよ…ん…」
童貞「足も綺麗にしなきゃだな」ツツツツツ
妹(ビクビク!)
童貞「よし。おわりかなー」

童貞(この身体どうにしてもいいって…ヤ、ヤバイ)
ガタ
妹「ど、どうしたのお兄ちゃん…??」
童貞「ハァハァ横になれよ…足もちゃんと指まで洗ってあげるから」
妹「いや、いいよ別にそんな汚れてないし…あ!」
童貞、妹の足の指にしゃぶりつく
妹「あぁ…くすぐったい!お兄ちゃん…ちょっと…」
童貞「ハァハァ…クチャクチャ…この太もももおいしそうだなーペロペロ」
妹「いあ…」
童貞「ハムハム…おいしい…うわーたまらないうわー」
妹「ちょっといいかげんにしなさいって!」バシ!
童貞「ご、ごめんごめん…つ、つい…」
妹「やりかたってもんがあるでしょーが」
童貞「え?」
妹「もうちょっとやさしくしてよね…ほらシャワー浴びるから立つね、手かして」
童貞「う、うん」

シャー
妹「ふうさっぱりした。ほれおいで童貞」
童貞「いや、おいでって…」
妹、向かい合った状態から童貞の首に手をかける
妹「やっぱ童貞でも一応男だから身長あるね」
童貞「…?」

妹「何やってんの?」
童貞「い、いや…お前こそ」
妹「女の子が目を閉じたらキスでしょ!これだから童貞は困るのよグズ!」
童貞「え?キスって…」
妹「何?あたしとキスするの嫌?別にいいじゃない。昔ふざけてしたことあったし」
童貞「あ、うん…じゃあ」チュ
妹「まだ逃がさないよ…ん…はぁ」
童貞(うっわなんかすごい舌絡めてきた…あったかくて気持ちいいナリ…)
妹「お兄ちゃんあたしにもやってみてよ…ほら練習台になってやるから…」
童貞「うん…ん…んぅ」(クチュクチュ)
妹「はぁ…はぁ…ほら…歯が当たる…から…ん、気をつけて…」
童貞「ん……はー!はー!はー!つかれた…」
妹「まったくムードも糞もないわねww」

妹「お兄ちゃんほらギュ~」童貞の頭を胸に押し付ける妹
童貞「うわっ」(やわらか戦車リターンズ!!)
妹「んふふふふ~どうでちゅか~おっぱいでちゅよ~」
童貞「うわ~きもちいい~ハムハム」
しゃがみこむ童貞
妹「何甘えてんのよ!本当キモいわねwww」
童貞「お前の乳首ってすごいかわいいね」カプ
妹「あん」
童貞「ん…うまい…ん」チューチュー
妹「ちょっと何やってんのよ…!赤ちゃんじゃないんだから…くすぐったいよ…」

童貞「ハムハム…おっぱいかわいいよおっぱい」
妹「やだもーww…いつまでおっぱいにかぶりついてるのよーw」ナデナデ
童貞「これやるの夢だったんだハムハム」
妹「…そういえば…お兄ちゃんまだ洗ってないとこあるよ」
童貞「え?」
妹「下、下」
童貞「ここかな」ぺロ
妹「んもう!そこはおへそでしょ馬鹿w…その下よ。口でして…くれない?」
童貞「わかった…ん…」
妹「あ、あぁ!」
童貞「なんか…しょっぱい」
妹「そういうことは普通言わないの!そういうとこお兄ちゃんKYなのよ…あ!」
童貞「これでいいの?」
妹「うんうまい、うまい…もっとクリ舐めて…」
童貞「ん…ん」
妹「はぁはぁ…身体熱いよーwwあたし気持ちよくなってきちゃった…」

妹「そろそろ、お兄ちゃん洗おっか」
童貞「あ、あーうん」(クソもっとハムハムしたかったっす…)
妹「じゃああたしが洗うからボディソープとって」
童貞「うん」
妹「背中からいくね。ゴシゴシと。へーお兄ちゃん結構背中おっきいんだー。」
童貞「はははどうも」

妹「こっちもそれなりにおおきいよね」ギュ
童貞「うわ」(マイサンが…ガチガチだ…せ、背中に…おっぱい、あたる…)
妹「うわー童貞チンポこんなにおったてて!もうビクンビクン脈打ってるしwww硬いねー」ヌルヌル
童貞「…ハァハァ…うわ、それ…やばいよ…」
妹「お兄ちゃんケツ毛濃っ!キモwwwwモヒカンwwwwラストモヒカンwwww」ヌルル
童貞「ひやあああ!!」
妹「何声だしてんのキモいわねー」
童貞(後ろから右手でアナル、左手でチンコ…背中にはおっぱいのぬくもり…たまらん)
「ちょっとこれやばい…!いっちゃうよ!!」
妹「あら、じゃあシャワーあびよっか」
童貞「へ?な、生殺し?」
シャー
童貞「うわ本当に生殺しかよ!」
妹「違うよ。お兄ちゃん、そこ座って」
童貞「うん…うお!」妹、肉棒を口に
妹「ん…ん…ん」
童貞「うわ…これは…うううああ」
妹「ひもひいぃ?」
童貞「気持ちいいよ!ヤバイ!んあ!」ガシ!両手で妹の頭をチンコに押し付ける童貞
妹「んんん!!!!」
童貞「あ!あああ!もっと、速く、あぁ!出る!出てまう!ぬああ!!」
ドピュ
妹「おえ!おえっく!あーもう最低…このクソ童貞」
童貞「はぁはぁ…ご、ごめつい…ははは

テーマ : 普通の女の子
ジャンル : アダルト

メニュー
童貞卒業の月別アーカイブ
童貞卒業体験談情報
  • seo
童貞卒業のRSS
童貞卒業した逆アクセス
童貞卒業のQRコード
QRコード
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。